Alan Walker(アラン・ウォーカー)の全てがここに!代表曲から人気曲までをご紹介

Alan Walker(アラン・ウォーカー)の全てがここに!代表曲から人気曲までをご紹介

「黒いマスクをつけた謎のDJ アラン・ウォーカーって誰なんだろう…..」

「アラン・ウォーカーの人気曲が知りたい!」

Alan Walker(アラン・ウォーカー)は素顔をなかなか見せないことでも有名です。彼は数々の人気曲をリリースしてきており、『Faded』でメガヒットし彼はとてつもない人気を集めたんです。

そんなアラン・ウォーカーについて詳しく知りたいですよね?

そんなあなたに、あらゆるスター達の情報を持っているスタセカ編集部がこれからアラン・ウォーカーのについて丁寧に説明していきます!

この記事を読めばあなたもアラン・ウォーカーのファンになっているかも!?

Alan Walkerの人気の秘密

https://www.instagram.com/p/Bv0Barhn5_d/

Alan Walkerはイングランドで生まれましたが、2歳の時にノルウェーの西部、ベルゲンに家族で引っ越して現在までノルウェーに住んでいます。そして成長するにつれて、プログラミングやグラフィック・デザインに関心を持ち始め自らでYoutubeなどで勉強し、イタリアのとあるDJに音楽を学んだとも言われています。それから2012年15歳の時に作曲をし、曲をリリースし始めました。

Alan Wakerのプロフィール

– アラン・ウォーカー (Alan Walker) –

  • 本名  アラン・オラブ・ウォーカー (Alan Olav Walker)
  • 生年月日  1997年8月24日
  • 年齢  21歳(2019年4月現在)
  • 出身地  イングランド・ノーサンプトン
  • 職業  音楽プロデューサー・DJ
  • 身長  180cm
  • 体重  80kg
  • 家族
  • 父: Philip Alan Walker (イギリス出身)
    母: Hilde Omdal Walker (ノルウェー出身)
    姉: Camilla Joy Walker (イングランド出身)
    弟: Andreas Walker (ノルウェー出身)

Alan Wakerのロゴ

2010年からグラフィック・デザインに興味を持ち始め、当初は「DJ Walkzz」と名乗って活動していましたが、2013年に自分でデザインしてロゴを作りました。ロゴは自分のイニシャルの「A」、「W」を入れ交差させたデザインになっています。

Alan Walkerのパーカーとマスク

アラン・ウォーカーといえばトレードマークの黒いパーカーと黒いマスクです。彼は外見で判断するのではなく、曲の中身をみんなに知って欲しいという思いで黒いパーカーのフードを被り、黒いマスクをつけているようです。また、世界のハッカー集団のアノニマスの仮面からの影響を受け匿名性を意識しているともアラン・ウォーカー自身が言っています。

Alan Walkerの素顔って?

アラン・ウォーカーのMVにはなかなか本人の素顔が出てきません。やはり「匿名性」を意識しているのでしょう。また、MVの出演者たちのほとんどが黒いフードと黒いマスクをしており、まさにアラン・ウォーカーを意識しているかのようです。アラン・ウォーカーはこれが狙いでした。誰もが「黒いフード」と「黒いマスク」を身に付ければ「アラン・ウォーカー」になれるという平等性を目指していました。

そんなアラン・ウォーカーですが、実は自身のInstagramに何個か素顔が出ている投稿がありました。1枚目はマスクをとっているご本人です。隣に映っているのは愛犬の「ハッピー」です。

こちらは動画からの1枚ですが、フードもマスクもとっている姿が映っていました。

Alan Walkerの代表曲「Faded」

アラン・ウォーカーの代表曲といえば「Faded」でしょう。2014年、当時17歳だったアラン・ウォーカーはレコード会社「NCS (NoCopyrightSounds)」にて、YouTubeに「Fade」をリリースしました。その後、「Sony Music Sweden」の「MER Musikk」と契約を結び、2015年12月3日にYouTube上に「Faded」をアップし、再リリース版が大ヒット、2016年2月にスウェーデン出身のIselin Solheim (イセリン・ソルヘイム)がヴォーカルの「Faded (Restrung)」をリリースし「Faded」の知名度は底上げされました。それから大学を中退し、本格的に音楽活動に集中し始めました。

また「Faded」はアラン・ウォーカーだけでなく数々の大物DJたちがリミックスしているので紹介していきます。

Tiëstoの「Faded」

Dash Berlinの「Faded」

Hardwellの「Faded」

「Faded」は映画「ラプラスの魔女」の主題歌

2012年当時15歳だったアラン・ウォーカーは友人たちの協力の元、パソコンで音楽を作曲し始めました。その頃から映画のサントラなどが好きだったアラン・ウォーカーは自らの手でサントラのような壮大な曲などを製作していました。そして結果、2018年に公開した櫻井翔、広瀬すずなどが出演している東野圭吾のミステリー小説の実写化した日本映画「ラプラスの魔女」の主題歌になっています。アラン・ウォーカーにとって自分の曲がサントラになり、一つの夢が叶った瞬間だったのではないでしょうか。

Alan Walker 人気曲ランキング

10位 Force

2015年にリリースされた「Force」はこのランキングの中で唯一の歌詞がないEDMです。とてもアラン・ウォーカーらしいサントラのような壮大で美しいメロディーが特徴的な一曲です。

9位 Tired

アラン・ウォーカーのMVにはストーリーがあると言われています。この曲「Tired」はそんなストーリーのエピソード0のような内容です。曲の内容は「君が疲れてしまった時は、君を愛させて欲しい」といった少し複雑なように感じるかもしれませんが、アラン・ウォーカーの独自の世界観が表されています。

8位 All Falls Down

「Tired」に続き、「All Falls Down」はアラン・ウォーカーのMVのエピソード1となっています。曲の内容は「別れたはずの彼女が元カレのことが忘れられず、新しい道に進んでいく」という元カレへの未練が歌詞の中にいくつか出てきます。気持ちのいいメロディーなので聞き入ること間違いなしです。

7位 Ignite

アラン・ウォーカーがフィーチャングという形で携わっている「Ignite」は歌手のジュリー・バーガンとBIGBANGの元メンバーのスンリとコラボしています。MVが特徴的で、あらゆる登場人物が普段の生活に苦難があり、そんな中あるヘッドフォンで自分が思う最高の世界へと導かれるのです。「Ignite」を聞いて別の世界へと行ってみたいですね。

6位 Diamond Heart

「Diamond Heart」は「Tired」、「All Falls Down」、「Darkside」に続くアラン・ウォーカーのMVのエピソード3となります。MVでは今まで何かを示していた飛行物体の謎が最後に解けます。曲の内容は「もしも私がダイヤモンドのような心だったら」といった過去の交際について後ろめたい心が表されています。

5位 Sing Me To Sleep

「Sing Me To Sleep」の歌詞には相手への深い愛の表現がいくつも出てきます。そんな相手の「歌」で寝かせてほしいという想いが詰まっています。まるで子守唄が聞きたいといった純粋な心が表現されています。

4位 Darkside

「Darkside」は「Tired」、「All Falls Down」 に続くアラン・ウォーカーのMVのエピソード2となります。今までは黒い衣装、白い衣装を着た謎の集団がある飛行物体となにか関係があるところまでしか分かりませんでしたが、「Darkside」のMVで少しずつ謎がとけていきます。曲の内容は誰にでもある、「人間のダークサイド」をテーマに表されています。

3位 The Spectre

2015年にリリースされた「Spectre」が大ヒットし、2017年に歌詞などを加えリメイクされた曲が「The Spectre」です。「The Spectre」の人気はとても凄く、ライブ映像などが流れる「The Spectre」のMVはリリースされてからわずか2年間で約6億回再生もいき、さわやかなメロディーとサビにかけてのリズムがクセになります。歌詞の内容は「もう1人の自分」に何かを問いかけている様子が表されています。

2位 Alone

「Alone」は「Faded」の次に来る人気曲といっていいでしょう。歌詞中には「私は独りじゃない」という言葉が何度も出てきます。MVではアラン・ウォーカーらしい不思議な映像になっています。「Alone」は観る人聴く人それぞれがあらゆる感じ方をすると思いますが、MVの最後に明確なメッセージが出てきます。一度見てみてはいかがでしょうか。

1位 Faded

1位はやはりアラン・ウォーカーの代表曲「Faded」です。リリースしてからわずか3年間でYouTubeの再生回数が20億回を超えています。フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイルランド、ドイツ、イタリア、オランダ、アメリカなど世界各国のチャートにランクインを果たし、世界最大の音楽配信サービス「Spotify」の「世界のトップ50曲」でベスト10入りしました。

裏話によると、「Faded」を歌っている歌手のイセリン・ソルヘイムは「Faded」の歌手募集オーディションを開催した際、最初に応募した歌手であり、アラン・ウォーカーは彼女の声を聞いた瞬間に頭の中でマッチし、すぐに「Faded」のレコードに取り掛かったようです。今となっては「Faded」といえば彼女の美しい声無しでは考えられませんよね。

Alan Walkerのおすすめ曲5選

アラン・ウォーカーは様々なアーティスト達とコラボしており、多くの有名曲をリミックスしています。これからスタセカ編集部がそんな多くの曲から厳選した5曲を紹介していきます。

1. On My Way

「On My Way」は2019年3月にアラン・ウォーカーがリリースした曲で、今までのMVのストーリーと関係しており「Diamond Heart」に続く新たなストーリーの内容になっています。

2. Lonely Together – Avicii ft. Rita Ora (Alan Walker Remix)

伝説のDJ Aviciiの一曲、「Lonely Together」のリミックスを手がけたアラン・ウォーカー。Aviciiに負けず劣らず、自分自身の強みを生かした壮大で映画のサントラで使われててもおかしくないような仕上がりになっています。

3. Stranger Things – Kygo ft. OneRepublic (Alan Walker Remix)

こちらも大物DJ KygoとOneRepublicのStranger Thingsをアラン・ウォーカーがリミックスしています。かっこいい歌詞に綺麗なメロディーが重なりとても気持ちのいい一曲です。こちらのビデオはリリックビデオにもなっていて、本家よりも再生回数が多くおすすめの一曲になっています。

4. Move Your Body – Sia (Alan Walker Remix)

ハスキーな歌声が特徴的な歌姫Siaの大人気曲「Move Your Body」のリミックスまでアラン・ウォーカーは手がけています。サビにかけてのメロディーが最高にかっこいい仕上がりになっています。これを聴けば気分が上がること間違いなしです。

5. Hymn For The Weekend – Alan Walker vs Coldplay (Remix)

最後はベテラン凄腕DJ Coldplayとのリミックスした超有名曲「Hymn For The Weekend」です。原曲は落ち着いたテンポが魅力の一つですが、アラン・ウォーカーはそんなテンポも残しつつ自分らしさを出し、後半にかけてどんどん盛り上がっていくような仕上がりになっています。

Alan Walkerのライブ

アラン・ウォーカーのライブの人気は年々増してきています。人気が増すことによりあらゆる曲の知名度も高くなっていき、ファンの数も多くなってます。そんなアラン・ウォーカーのライブ映像を見てしまったらもうあなたも自分の足でアラン・ウォーカーのライブに行くしかなくなりますよ!ライブ映像はこちら↓

Alan Walkerの来日歴

1回目 2017/12/14 渋谷 SOUND MUSEUM VISION

2回目 2018/05/12 ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園 「EDC Japan 2018」

3回目 2018/12/19,21 Zepp なんば大阪 (大阪) 、新木場 STUDIO COAST (東京)、ageHa @STUDIO COAST (東京)「ALAN WALKER JAPAN TOUR 2018」


4回目 SUMMER SONIC 2019

2019/08/17(土) 舞洲SONIC PARK (舞洲スポーツアイランド) (大阪)

2019/08/18(日) ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ (東京)

このように、アラン・ウォーカーは今までに3回来日し、日本中を沸かしました。さらに、今年のサマソニに公演しにきます!今年はアラン・ウォーカー以外にも「The Chainsmokers」、「ZEDD」、「Rita Ora」など超豪華アーティストたちが来日するのです。

こんないい機会はなかなかありませんね。今年のサマソニに行けば、夏の最高の思い出ができること間違いなしですね!

未分類カテゴリの最新記事