リンキン・パークのボーカルであるチェスター・ベニントンの死因の裏側には驚きの真実が!

リンキン・パークのボーカルであるチェスター・ベニントンの死因の裏側には驚きの真実が!

リンキン・パークのボーカルを務めるChester Bennington(チェスター・ベニントン)が2017年7月20日になくなりました。死因は首吊り自殺です。

一時期は世界中を風靡したリンキン・パーク。それほどの成功を手にしておきながら、チェスター・ベニントンはなぜ死亡してしまったのでしょうか?今回はチェスター・ベニントンの死因から明らかになる彼の人生を覗いてみましょう。そうすることでチェスター・ベニントンが自殺を試みた理由が分かるはずです。

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)とは

View this post on Instagram

On June 15, 2017 we are returning to Poland and headlining #ImpactFestival2017 at the Tauron Arena in Kraków. We can't wait to see you. Tickets go on sale November 7 at 10 a.m. (CET). Link in bio for full details. Photo by Egor Dubrovski.

A post shared by LINKIN PARK (@linkinpark) on

– Chester Bennington(チェスター・ベニントン) –

  • 本名:Chester Charles Bennington (チェスター・チャールズ・ベニントン)
  • 職業:歌手・俳優 (リンキン・パークのボーカル)
  • 生年月日:1976年3月20日
  • 死没:2017年7月20日(41歳)

なぜ自殺?Chester Bennington(チェスター・ベニントン)の死因はうつ病

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)の死因は色々なものによって引き起されてしまいましたが、結論から述べるとうつ病が原因でした。

暗い過去にはアルコールや薬物の過剰摂取が…

チェスター・ベニントンは11歳の時に両親が離婚し父親に引き取られたり、7〜13歳にかけて年長の男友達から性的な虐待を受けたり、暗い幼少期を過ごします。

その経験からチェスター・ベニントンが16歳になる時にはアルコールや薬物の過剰摂取を繰り返すようになりました。そんなチェスター・ベニントンにも仲間ができ、生活は良い方向へと一変したのですが、陽が大きくなると陰も大きくなるようにチェスター・ベニントンはコカインやメタンフェタミンなどの薬物を以前よりも摂取するようになったんです。

妻との離婚から死因のうつ病を抱える

チェスター・ベニントンは2005年に当時結婚していた妻と離婚します。それ以来、チェスター・ベニントンは重度のアルコールや薬物の依存症に苦しむようになったんです。そしてチェスター・ベニントンは自身がうつ病になっている事を知ります。

うつ病の検査には度々行っていたのですが、毎回しっかりと病院に通うことはなく時折サボっていたんです。そして、チェスター・ベニントンはうつ病を克服できない状態が長く続きます。

親友の死が引き金となり死因に繋がる

チェスター・ベニントンが命を絶つ2ヶ月前、悲惨な出来事が再びチェスター・ベニントンを襲い掛かります。それは親友、クリス・コーネルの死。うつ病を患っていたチェスター・ベニントンにとってクリスの死はとても大きなものでした。

クリスはチェスター・ベニントンの音楽仲間であり、薬物依存症やアルコール依存症など、チェスター・ベニントンと同じく、精神的病気に苦しんだ最も分かり合える友達。いわば心の支えだったのです。

そして、親友を亡くしたチェスター・ベニントンはクリス・コーネルの誕生日に命を絶ってしまいます。

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)死因まとめ

いかがでしょうか?

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)の死因はうつ病でした。チェスター・ベニントンの死をいたわった現在の妻、タリンダ・ベニントンは今後このようなことが起きないためにうつ病や依存症で苦しんでいる人々を救済するプロジェクトを行っています。

チェスター・ベニントンは東日本大震災の時、日本を励まし、支援活動を行ってくれました。そんな彼に私たちができることはチェスター・ベニントンを安らかに眠らせてあげることではないでしょうか?

Linkin Park(リンキン・パーク)カテゴリの最新記事