Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の人気曲ランキングやおすすめ曲など厳選して紹介!

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の人気曲ランキングやおすすめ曲など厳選して紹介!

「Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の曲を知りたい!」「スティーヴ・アオキの人気曲って何があるの?」

世界中で活躍している人気DJのスティーヴ・アオキは今までにあらゆる名曲を残してきました。EDM好きなら誰もが聞いたことがある名前、スティーヴ・アオキ。彼の作り出す音楽は体の底から盛り上げさせてくれるものばかりです。

そんなスティーヴ・アオキの音楽を聴いて、もっとEDMを楽しみたいですよね?

これから多くのスター達の楽曲を聴いてきたスタセカ編集部が、スティーヴ・アオキの最高に盛り上がる人気曲ランキングやおすすめ曲を紹介していきます!

これを見ればあなたの好きなEDMに出会えること間違いなし!

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)とは

View this post on Instagram

Play it cool

A post shared by Steve Aoki (@steveaoki) on

– Steve Aoki (スティーヴ・アオキ) –

  • 本名:Steven Hiroyuki Aoki (スティーヴン・ヒロユキ・アオキ)
  • 生年月日:1977年11月30日
  • 年齢:41歳
  • 出身地:アメリカ・フロリダ州・マイアミ
  • 職業:DJ・音楽プロデューサー
  • 年収:2800万ドル(31億円) 2018年*上記の金額は当時の為替レートなので現在の為替レートとは多少ズレがあります。

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)は日系アメリカ人であり父親はカリスマである青木廣彰、母親はスティーヴ・アオキに日本のルーツを教えた小林ちづる。彼の才能は両親譲りとも言われることがありますが、彼自身の才能で世界中の人々の心を掴む音楽を作り出してきました。

スティーヴ・アオキについてはこちら↓

これからそんなスティーヴ・アオキの曲をどんどん紹介していきます!

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の代表曲

ここではSteve Aoki (スティーヴ・アオキ)の代表曲を見ていきましょう。

Boneless

スティーヴ・アオキの代表曲は『Boneless』です!この曲はノリノリのテンポが最高な一曲。“Boneless”はスケートの技から由来されました。ミュージックビデオでもスティーヴ・アオキ達がスケートをしている迫力のある映像が見れます。

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の人気曲ランキング

ここでは数多くの名曲を作り出してきたSteve Aoki (スティーヴ・アオキ)の人気曲ランキングTOP10を紹介していきます!

10位 Beat Down

『Beat Down』はインドネシア生まれの実力派DJであるAngger Dimasと人気歌手イギー・アゼリアとのコラボ曲。ミュージックビデオの中ではリングで踊るイギー・アゼリアのかっこよさに魅了されること間違いなし!

9位 Are You Lonely

『Are You Lonely』は大人気DJのアラン・ウォーカーとのコラボ曲であり、EDMファンは必見の一曲です。スティーヴ・アオキのノリノリの音とアラン・ウォーカーの壮大なメロディーが最高にマッチしている人気曲。

8位 A Light That Never Comes

『A Light That Never Comes』は21世紀で最も売れたアーティストであるリンキン・パークとのコラボ曲。スティーヴ・アオキのEDMとリンキン・パークのロックが綺麗に噛み合っているとてもカッコいい曲です。ミュージックビデオでも独特な世界観が見れて満足度が高い一曲。

7位 Just Hold On

『Just Hold On』はワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンとのコラボ曲。曲の初めから流れるメロディーは聴く者全てを魅了します。ドロップにかけてのルイ・トムリンソンの歌唱力には圧倒されますよ!ミュージックビデオはとてもワクワクする内容になっており、スティーヴ・アオキの楽曲の中で人気の高い一曲。

6位 Waste It On Me

『Waste It On Me』は世界で大人気のアーティスト“BTS (防弾少年団)”とのコラボ曲。BTSの最高の音楽センスとスティーヴ・アオキの作り出す最高にカッコいいメロディーがマッチして聴いていて気持ちのいい仕上がりになっています!「叶わない恋だけど、少しだけ振り向いてくれないかな」といった切ない想いを歌っています。

ミュージックビデオではアメリカのコメディアンであり、俳優でもあるケン・チョンやスティーヴ・アオキの実の妹であるデヴォン青木が出演しており、映像を見ているだけでも歌詞の意味が分かって面白い作品になっています!

5位 No Beef

『No Beef』は大人気DJのアフロジャックとのコラボ曲で、独特なメロディーがクセになる一曲。ミュージックビデオはプライベートでも仲がいいアフロジャックと飲んで騒いで、遊びまくっている様子が見れます!セレブ達の日常を見る事ができ、曲もミュージックビデオも人気の高い作品に!

4位 Melody

『Melody』は世界のDJランキングで1位を獲得したこともあるディミトリ・べガス&ライク・マイクとのコラボ曲。この曲はスティーヴ・アオキの得意とする重低音をとことん使っており、聴けば身体中にMelodyが響き渡ります!

3位 Azukita

『Azukita』はあの『Despacito』を歌っているダディー・ヤンキーとのコラボ曲。EDM好きなら必ず一度は聴いたことがある超人気曲です!ラテン系EDMでありながらスティーヴ・アオキの作り出す強い重低音でカッコいい仕上がりに!ミュージックビデオではスティーヴ・アオキとダディー・ヤンキーのダンスバトルビデオとダンス振付動画の2つあり、どちらも見入ってしまう作品になっています!

2位 Turbulence

『Turbulence』はアヴィーチーを世の中に送り出したとも言われているDJレイドバック・ルークとイケイケラッパーであるリル・ジョンとのコラボ曲。曲の初めからドロップにかけて徐々に上がっていくテンポとリル・ジョンの曲の盛り上げ方はEDMファンにとって間違いなくハマる人気ポイントです!

1位 Boneless

『Boneless』はスティーヴ・アオキの代表曲でもあり、2013年にリリースされてから今でも人気が伸び続けている人気No. 1の大ヒット曲。クラブやフェスでBonelessが流れれば体を動かさずにはいられません。聴くだけでテンションが上がること間違いなし!

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)のおすすめ曲8選!

ここではSteve Aoki (スティーヴ・アオキ)のあらゆる曲を聞いてきたスタセカ編集部が選び抜いたおすすめ曲を8曲紹介していきます!

What We Started

『What We Started』はスティーヴ・アオキの楽曲の中でも特に爽やかなドロップが特徴的な一曲です。人気DJであるドン・ディアブロとのコラボ曲であり、朝に聴きたくなるようなメロディーとクセになるテンポはEDMファンならハマること間違いなし!

Jaleo

『Jaleo』はラテン系のEDMであり、ラテンアーティストであるニッキー・ジャムとのコラボ曲。また、スティーヴ・アオキの作り出す重低音とラテンミュージックのポップさが綺麗に噛み合っており、独特なメロディーに仕上がっています。

Cudi the Kid

『Cudi the Kid』は天才ラッパーであるキッド・カディと世界的ドラマーのトラヴィス・バーカーとのコラボ曲。曲の初めから徐々に姿を変えていくメロディーがCudi the Kidの聴きどころ。ミュージックビデオは不思議と見入ってしまうユニークな内容になっています!

Play It Cool

『Play It Cool』は韓国の人気アイドルグループである“モンスタ・X”とのコラボ曲。スティーヴ・アオキの特徴的な重低音とモンスタ・Xの綺麗な歌声が皆の心に響く仕上がりになっています。ミュージックビデオではモンスタ・Xの完璧なダンスにも注目です!

Delirious (Boneless)

『Delirious』はスティーヴ・アオキの代表曲『Boneless』をラッパーのキッド・インクがフィーチャリングした曲です。大人気映画“ワイルドスピード”にも使用され、大ヒットした一曲です!EDMファンではなくても聞いたことある人多数。

WARP

『WARP』はサマソニにも出演したことがあるイタリア出身のDJであるザ・ブラッディ・ビートルーツとのコラボ曲で、2019年にはリリース10周年を記念して新盤をリリースしました。迫力のある音と心に響く音に真のEDMを感じることができます!

Free the Madness

『Free the Madness』は今、注目のラッパーであるマシン・ガン・ケリーとのコラボ曲。ドロップにかけての盛り上がり方はどんなEDMファンも気にいる事間違いなし!ミュージックビデオではスティーヴ・アオキとマシン・ガン・ケリーが出演しており、とてもユニークな仕上がりに!

Freak

『Freak』は天才DJであるディプロと人気上昇中のDJデオロとのコラボ曲。何と言ってもミュージックビデオが強烈…。何かを感じさせるような映像になっており、家の外ではこの動画は見れないかも!?

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)のおすすめリミックス曲

ここではフェスの盛り上げ番長でもあるSteve Aoki (スティーヴ・アオキ)の最高にカッコいいリミックス曲を紹介していきます!

BTS – MIC Drop

『MIC Drop』はスティーヴ・アオキとBTSが初めてコラボした曲です。ミュージックビデオでは、曲の重低音とBTSの息ぴったりのダンスでとても見応えある仕上がりになっています。曲のリズムも最高にカッコよく、スティーヴ・アオキがリミックスするだけで一気に躍動感が増しているんです!

Kid Cudi – Pursuit of Happiness

Kid Cudiの原曲である『Pursuit of Happiness』ヒップホップ感が強く出ていますが、スティーヴ・アオキがリミックスすることにより、EDM感が混ぜ合わさってヒップホップとEDMが綺麗にマッチしているカッコいい一曲です。

J Balvin & Willy William – Mi Gente

スティーヴ・アオキは世界的ヒット曲『Mi Gente』をリミックスしました。レゲエとヒップホップを合わせたジャンル“レゲトン”をスティーヴ・アオキがリミックスし、レゲトンを残しつつEDMさを感じさせる見事な仕上がりになっています!

David Guetta – Dangerous

EDM界に欠かせない最高峰DJであるデヴィッド・ゲッタの名曲『Dangerous』をスティーヴ・アオキがリミックスしました。原曲よりも重低音が多めで、より盛り上げることに意識を向けたような仕上がりになっており、スティーヴ・アオキらしいノリノリの一曲!

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)の曲まとめ

いかがでしょうか?

Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)のあらゆる楽曲を紹介してきました。彼の作り出す音楽はどれも盛り上がるような曲ばかりで、クラブやフェスにはぴったりな存在です。

スティーヴ・アオキの楽曲やリミックス曲は重低音ばかりで、身体だけでなく心も動かされる曲がたくさんあります!皆さんも、気分を上げたいときはスティーヴ・アオキの曲を聴くべし!

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)カテゴリの最新記事