Avicii(アヴィーチー)が死亡して一年が経ったので全てを振り返ってみた!

Avicii(アヴィーチー)が死亡して一年が経ったので全てを振り返ってみた!

「Avicii(アヴィーチー)の死因って何だったの?」

「アヴィーチーの名曲やおすすめ曲を知りたい!アルバムが出たって本当?」

「アヴィーチーの今までを振り返ってみたい!」

アヴィーチーは2018年4月20日にオマーンのマスカットで死体となって見つかりました。死因は自殺。

アヴィーチーはあれほどの名声を得ていてなぜ自殺をしたんでしょうか?

この記事では今までのアヴィーチーを徹底的に振り返って、アヴィーチーが死を望んだ理由やアヴィーチーが残したもの、新しいアルバムなどについて紹介していきます。

この記事を読めばアヴィーチーの全てがわかること間違いなしです!

死亡してしまったAvicii(アヴィーチー)の性格や年齢とは

この項目ではAvicii(アヴィーチー)の簡単な紹介をしていきます。

https://www.instagram.com/p/BaMQyVuFvvj/

Avicii(アヴィーチー)のプロフィール

  • 本名:Tim Bergling(ティム・バークリング)
  • 別名:Tim Berg(ティム・バーグ)、Tom Hangs(トム・ハングス)
  • 生年月日:1989年9月8日
  • ジャンル:ハウスミュージックを主にプレイする

Avicii(アヴィーチー)の性格は内向的

世界で一番大きいフェスや世界で一番大きいライブなどに参加していたアヴィーチーですが、実は内向的な性格をしていました。ライブ前などは緊張しないためにアルコールや薬物の力を借りることもあったそうです。

一時期はDJ活動を一切辞め、音楽プロデューサーとしてスタジオを中心に活動していた事もありました。

それはアヴィーチーの内向的な性格から心の許した仲間たちと最高の音楽を作りたいという強い思いから来たのでしょう。

Avicii(アヴィーチー)は28歳という年齢で死亡

アヴィーチーが死亡した年齢は28歳です。28歳といえば人生がこれから楽しくなってくる年齢といっても過言ではありません。しかし、アヴィーチーはそんな若い年齢で死亡してしまったんです。

アヴィーチーには一体何があったのでしょうか?次の項目で詳しく解説していきます。

なぜ死亡!?Avicii(アヴィーチー)の死因とは

Avicii(アヴィーチー)の死因は自殺です。自身の手首や首元をボトルの破片で切り、過多の出血により死亡しました。

アヴィーチーはDJとして大きく成功するのと同時に飽和状態になったEDM界をあまり好いていませんでした。大きなフェスやライブに出演するのにも多くのエネルギーを消費していたようです。

そこからくるアルコールや薬物などの中毒症状、病気、メンタルの落ち込み。アヴィーチーの死因はEDMといってもいいのかもしれません。

ただアヴィーチーが音楽を誰よりも愛していたのは事実です。そのためDJ活動を引退した後も音楽プロデューサーとして活躍していたのでしょう。

アヴィーチーの死因の真相はこちら↓

Avicii(アヴィーチー)の死亡から一年、アルバムの『Tim』がリリース

Avicii(アヴィーチー)は死ぬ直前まで新しいアルバムの制作をしていました。つまり楽曲制作の途中で亡くなってしまったんです。しかも、新しいアルバムは完成一歩手前まで来ており、ほとんど完成していました。

そのアルバムを残されたテキストメッセージや音源などからできる限りアヴィーチーが描いた理想に近づけて作られたものがアルバム『Tim』です。

今までアヴィーチーと一緒に仕事をしてきた仲間が集まって完成させた『Tim』は、どれもアヴィーチーらしい曲に仕上がっており、紛れも無い傑作です。

アヴィーチーの最後のアルバム『Tim』の収録曲や和訳はこちら↓

Avicii(アヴィーチー)の経歴!デビューから死亡するまでの軌跡

Avicii(アヴィーチー)は女優の母親と裕福な父親の元に生まれました。そんな温かい家庭で育ったアヴィーチーは幼い頃から音楽家になりたいという思いを馳せ、ギターやピアノを習っていたそうです。

しかし、音楽作成ソフトと出会ったアヴィーチーはギターやピアノの演奏よりも楽曲制作に没頭します。それが伝説のDJ、アヴィーチーの始まりだったんです。

ネットで数多くの楽曲を公開していく

音楽制作ソフトで作曲に没頭するアヴィーチーは自身の曲を次々とネット上にアップしていきます。そのどれもが今では有名な曲となっているので驚きです。

そしてアヴィーチーはゲームのテーマ曲をリミックスし、『Lazy Lace』という楽曲を公開します。この曲が高い人気を獲得し、アヴィーチーの知名度は上がっていきました。

大会で70パーセントの票を集め優勝

アヴィーチーは音楽活動を本格的に開始してからわずか一年ほどで、レコード会社を持つDJが開催した大会に出場します。そしてその大会ではなんと70パーセントもの票を獲得し余裕で優勝を果たします。

たくさんの注目を集め大手レコードと契約を結ぶ

アヴィーチーは他のDJと比べるとかなり早い段階でたくさんの注目を集めていたため、大会で優勝して1年も経たないうちに大手レコード会社と契約を結びました。

後にアヴィーチーの才能を見い出していたDJ ティエストの招待により、アヴィーチーはイビザ島でのイベントに参加を果たします。

『Don’t Hold Back』や『Seek Bromance』のヒット

2010年にはスウェーデンのDJとコラボレーションし『Don’t Hold Back』をリリースします。

そして同年にはTim Berg(ティム・バーグ)名義で『Seek Bromance』をリリースし、世界各国のチャートでトップ20に入る快挙を成し遂げます。『Seek Bromance』はオーストラリアをはじめとする、数カ国ではゴールドディスクを記録しました。

また後に活躍するDJ、カイゴが最も強く影響を受けた曲でもあります。

デヴィッド・ゲッタやレオナ・ルイスとのコラボ

2011年にはDJの長老とも呼ばれるデヴィッド・ゲッタとアヴィーチーがコラボします。その曲の名前は『Sunshine』、2012年にグラミー賞で最優秀ダンスレコーディングに選ばれた曲です。

そして同年、レオナ・ルイスがアヴィーチーのオリジナルトラックを勝手にサンプリングしそうになるという多少のいざこざはあったものの、2人は共作という形で『Collide』をリリースします。

その『Collide』が全英のシングルチャートで4位を記録し、たくさんの注目を集めました。

『Levels』のメガヒット

順調に、そしてハイスピードに人気を集め始めたアヴィーチーですが、その人気を確かなものにする出来事が起こります。それは『Levels』のリリース。

『Levels』は公開されるとたちまちにシェアを広げ、あっちのクラブで流れてはこっちのクラブで流れる。まさに絵に描いたようなメガヒットを記録しました。

世界各国でプラチナディスクを記録した『Levels』は2013年のグラミー賞で最優秀ダンスレコーディングにノミネートされます。

数多くの有名アーティストとコラボを続ける

『Levels』の世界的メガヒットからアヴィーチーはマドンナの曲をリミックスしたり、数々の有名アーティストとコラボをします。

そのうちの一つにニッキー・ロメロとの『I Could Be The One』などが上げられるでしょう。『I Could Be The One』は全英チャートで首位を記録する大ヒットとなりました。

ここでアヴィーチーの人気は爆発的なものとなります。翌年の2013年には南米ツアーを見事成功させるほどの人気っぷり…。アヴィーチーはこの時点で世界を代表するDJになったと言っても過言ではないでしょう。

『Wake Me Up』や『Hey Brother』を収録したデビューアルバム『True』をリリース

2013年はアヴィーチーにとって最も飛躍した年と言えるでしょう。それは数多くのビックアーティストをゲストに迎えたデビューアルバム『True』のリリースです。

『True』はアルバムにして世界各国でプラチナ認定を受けるメガヒット作品となります。

それもそのはず、アヴィーチー最大のヒット曲『Wake Me Up』を始め『Hey Brother』などの人気曲が『True』には多数収録されていたからです。

ちなみに、全英で首位を記録した『Wake Me Up』は2014年のビルボードでトップダンス部門を受賞します。

『Waiting For Love』などのヒットや『Stories』のリリース

すっかりとDJ界のトップアーティストになったアヴィーチーは続々とヒット曲をリリースしていきます。その中には人気DJ マーティン・ギャリックスと作り上げた『Waiting For Love』などがあげられます。

そしてアヴィーチーは自身にとって二枚目となるアルバム『Stories』をリリース。『Stories』にも数多くのヒット曲が入っており、再び世間を話題でさらいました。しかし、そんなアヴィーチーの活躍もあまり長いものではありませんでした。

Avicii(アヴィーチー)がDJ活動を引退し他界

アヴィーチーは2016年のある日、フェイスブックにて年内にDJ活動を引退すると発言しました。そしてしっかりとイビザ島でのライブを最後にDJを引退。

イビザ島でのライブを最後にした理由として、アヴィーチーはイビザ島でのライブをとても大事にしていたことが考えられます。それはマイク・ポスナーの『I Took A Pill In Ibiza』でも歌われています。

そしてその後、アヴィーチーは音楽プロデューサーとしていくつかの楽曲をリリースし、アルバムの制作途中で命を絶ってしまいます。

Avicii(アヴィーチー)が死亡してもなお生きる名曲

Avicii(アヴィーチー)は数多くの名曲を世の中に出しています。それはアヴィーチーが死亡した今でも変わりません。アヴィーチーの名曲として名高いのはやはり『The Nights』や『Wake Me Up』ではないでしょうか?

The Nights

『The Nights』はアヴィーチーらしいサウンドも人気があるのですが、何より歌詞が最高だと言われています。『The Nights』の歌詞は父親からもらった言葉を忠実に守る親子愛が表現されており、アヴィーチーの残した名言としても有名です。

アヴィーチーのあらゆる人気曲には名言が隠されていたんです。続きはこちら↓

Wake Me Up

やはりアヴィーチーの『Wake Me Up』は一番の名曲でしょう。アヴィーチーの事を知らない人でも『Wake Me Up』なら分かる、という人がいるくらいの名曲です。『Wake Me Up』を聞いてEDMの虜になった人も多いのではないでしょうか?

アヴィーチーの人気曲ランキングやおすすめ曲はこちら↓

死亡しても残るAvicii(アヴィーチー)伝説のライブ

Avicii(アヴィーチー)は数多くのライブに出演していますが、その中でも特別に評判の高かったライブを紹介していきます。

こちらはアヴィーチーの名曲という名曲を混ぜ合わせて作ったセットリストがとても人気の高いライブです。このセットリストには心が打たれます。

こちらはアヴィーチー最後のライブで2016年の夏にイビザ島でプレイしたものです。

Avicii(アヴィーチー)のロゴとマークは死亡しない

Avicii(アヴィーチー)のロゴとマークはアヴィーチーが死亡したとしても永遠に消えることはありません。

アヴィーチーと深い中にあったDJのカイゴはアヴィーチーが死亡してから腕にロゴとマークを刻んでいます。ドン・ディアブロもアヴィーチーへのリスペクトから腕にアヴィーチーのロゴとマークを刻んでいます。

Avicii(アヴィーチー)死亡まとめ

いかがでしょうか?

Avicii(アヴィーチー)は死亡してもなお愛され、たくさんの人に多くのものを与えています。死亡してしまった背景にEDMの存在は確実に存在しています。

しかし、アヴィーチーは誰よりも音楽を愛していました。今の僕たちができることは自身の身を削ってでも作りあげた、アヴィーチーが残してくれた音楽を楽しむことなのではないでしょうか?

未分類カテゴリの最新記事