Avicii(アヴィーチー)本当の死因は一体何?酒や薬だけじゃない!?

Avicii(アヴィーチー)本当の死因は一体何?酒や薬だけじゃない!?

2018年4月20日、世界中に衝撃のニュースが走り抜けました。それは天才DJ、”Avicii(アヴィーチー)の死”です。

1989年生まれのアヴィーチーは当時28歳で死ぬには若すぎて、死ぬには惜しい天才でした。しかし、アヴィーチーの死因はリストカット。自殺だったんです。

なぜ、あれほどまでに成功しているアーティストが自殺をしたのか?本当にアヴィーチーはリストカットをしたのか?

皆さんの胸には消化しようにもしきれない疑問があることでしょう。今回はスタセカ編集部がどこよりも徹底的にアヴィーチーの死因を解説していきます。

この記事を読めばアヴィーチーの死因が分かります!

Avicii(アヴィーチー)の死因は隠されていた

4月20日の午後、Avicii(アヴィーチー)はオマーンの首都マスカットで死亡した状態で見つかりました。そしてそのニュースが世界中を駆け巡ります。

しかしその時、アヴィーチーの死因は公開されていませんでした。その事により「アヴィーチーは誰かに殺されたのではないか?」と口にする人がたくさんいたんです。

しかし、アヴィーチーの死因を隠していたのは、息子の死を突然知らされた家族の尊厳とプライバシーを考慮しての事。もちろんアヴィーチーほど成功している有名人が自殺すると考える人も少なかったので、別の可能性を考慮して捜査をしていたことも考えられるでしょう。

とにもかくにもアヴィーチーが死亡したニュースは流さなければいけません。なので真相が分からないまま世界的DJ、アヴィーチーの死亡ニュースは流されました。

Avicii(アヴィーチー)の死因が明らかになった

Avicii(アヴィーチー)の死亡ニュースで話題が持ちきりの中、耳を疑う事実が明らかになりました。それはアヴィーチーの死因は自殺であるという事。

なんとティム・バークリングの家族がアヴィーチーの死因を世間に公表したんです。そして謎はさらに深まっていきます。

「なぜアヴィーチーほどの人が自殺をしたのだろう?」

Avicii(アヴィーチー)の死因は3つ

Avicii(アヴィーチー)の死因は主に次の通りだと言われています。

  • 極度の疲労
  • 薬やアルコール
  • 度重なる病気

極度の疲労

若くして大成功を収めたAvicii(アヴィーチー)のスケジュールはとても過酷なものでした。自家用ジェット機で世界各国を飛び回り、あちこちでDJとして大きなフェスやライブに参加。

DJとしてブースに立つだけで常人を超えた忙しさ…それでも飛び交う楽曲コラボや新曲、アルバム作成の話。

アヴィーチーも1人の人間なので、この鬼のようなスケジュールに限界を感じていました。

一時期は、幸せと人生のバランスを確かめるためにDJ活動を辞め、ツアーを回ることすら辞めたくらいです。

それでも音楽の道から外れる事を拒み、音楽プロデューサーとして大活躍を収めていたアヴィーチーの肉体には着実と疲労が蓄積されていました。

薬やアルコール

Avicii(アヴィーチー)はもともと内向的な性格をしていました。大きいフェスやライブに参加して人前に立つ事自体が苦痛だったんです。

それでもファンを愛していたアヴィーチーは、ライブに参加するためにお酒を入れ、アルコールの力を借りてDJブースに立っていました。

また数多くの視線や期待を一身に受けたアヴィーチーのメンタル、心の健康状態はとても悪く、薬物に頼るほど疲弊していたんです。

そしてアルコールや薬物の中毒となってしまったアヴィーチーはドンドン追い込まれ、衰退していきました。

度重なる病気

過度なスケジュールにプレッシャーやアルコール、そして薬物。心身ともに衰弱してしまったAvicii(アヴィーチー)が病にかかるのは皮肉なことながらとても簡単でした。

21歳という若さにして急性膵炎(きゅうせいすいえん)になり、24歳の時には盲腸と胆のうを摘出するまでに至ります。

一部の噂では皮膚ガンをわずらっていたのではないか?と思われる証言も出ており、アヴィーチーの健康状態は決して良くなかったことが伺えます。

以上がアヴィーチーの死因になります。アヴィーチーの死因は紛れもなく音楽によるものですが、アヴィーチーは誰よりも音楽を愛していました。

そしてその愛が、アヴィーチーが死亡した後でも数多くのアーティストの心を射止め制作途中だったアヴィーチーのアルバムを完成させたんです。アヴィーチーのアルバム『Tim』は紛れも無い最高傑作です。

Avicii(アヴィーチー)死因まとめ

いかがでしょうか?

Avicii(アヴィーチー)は飽和状態になったEDM界に嫌気がさし、その時から金が全てになった。EDMとの関わりと絶ちたかったんだとコメントしています。

しかし彼はEDMを心から憎んでいたのでしょうか?答えは否です。なぜならアヴィーチーは次のようにもコメントしているから。

2016年に俺はライブでプレイすることを辞めた。きっと多くのファンがアヴィーチーの終わりだと思っただろう。でもDJの終わりがアヴィーチーや俺の音楽の終わりじゃない。DJをやめた後、俺は全てを納得できる場所に戻った。スタジオだ。次は俺の音楽作りへの愛情をお前たちに見せることにする。これは新しいステージの始まりなんだ。

Avicii(アヴィーチー)カテゴリの最新記事